読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日

毎日愛でたい

トン勝つ!と昔の逸話

本日、パパ
一級建築士の学科試験。
 
1週間前に縁起担いで
美味しいトンカツ食べてきた。
 
前日に食べるの良くないらしく。
でも1週間前かょ、とも思った。
間あきすぎて担げているのか謎。
 
岡本庵というお店。
f:id:y0m0gi:20160724053346j:image
パパおすすめのぶつ切りヒレカツ。
あの無口が
「トンカツの概念かわるから食べて」
なんていうじゃない。
 
これは本当に美味しかった。
ジュワッやわらか!
岩塩でいただくというのも
まことによい。

f:id:y0m0gi:20160724053359j:image
私は夏仕様の変りダネに挑む。
『冷やしかつ丼』
さっぱり具材+鶏だし。
氷まで入ってる。
息子は「お茶漬け~」と喜んで
食していた。
 
なるほど、おいしい。斬新。
考えた人に拍手送りたい。
わたし的に70点くらいかな。
味が薄めだった。
 
こちらのお店、
漬け物と惣菜.サラダが食べ放題。
体によさそうな優しい味つけ。
全体的に塩分控えめ。
とてもよかった。
 
f:id:y0m0gi:20160724053504j:image
 
f:id:y0m0gi:20160724053443j:image
息子と私、コリンキーの
ピクルスにはまる。
初めて食べた気がする。
これがメインかというくらいずっと
ポリポリやってた。
 
f:id:y0m0gi:20160724053609j:image
 
f:id:y0m0gi:20160724053635j:image
古民家風の内装。
昼間でも薄暗くて落ち着く。
半個室的な空間で子連れでも
比較的過ごしやすかった。
 
⚫⚪⚫⚪⚫⚪⚫⚪⚫⚪⚫⚪
 
タイトルの“昔の逸話”の部分。
逸話という表現が正しいかは
置いといて。
これは誰にも話したことの無い話。
(なのにいきなりブログネタか)
 
私も何を隠そう経験者。
(脱落者ではあるが)
かれこれ10年も前のことになる。
学科をパスして製図試験の朝。
 
あの日、試験に向かう私の
携帯にパパから
”らしくない”メールが届いた。
 
“君ならできる”と一言。
 
普段、そういう気休めじみた優しい
フレーズは絶対口にしない人
だからびっくりしたのだ。
 
あと、動くスタンプみたいなのも。
なにやら動物が3匹
旗を持って応援している。
 
あのダサかわいいスタンプ
今も目に焼きついて離れない。
 
んで、その日まんまと大失敗。
不合格決定!って間違いをしでかす。
 
そーいう場合、
試験終わった瞬間って
目の前真っ暗になる。
解放感と脱力感と虚無感と。
 
時間と大金(学費)つぎこんで
お酒も絶って(笑)
日々このために生きてきたのに
それが一瞬で崩れ落ちる感覚。
 
ちょっと大げさだけど
若かった私はそのくらい
頑張ってたわけで。
 
就寝時、
試験のエスキス(下書きみたいなの)プランが
頭に浮かびうなされる日々の幕開け(笑)
 
あの日、パパは試験終わりの私を
ドライブに連れていってくれた。
 
...んで気がすむまでずーーーっと
はしりまくったのだ。
無言で(笑)
 
でもそれがすごく
ありがたかったのを覚えている。
 
夜景の美しさと、無言の優しさに
感謝した夜だった。
 
そんなこんなを昨夜、
ひとり長風呂して思い出した。
懐かしい。
 
汗かきながら涙もながした。
 
今朝は、いつになく
心を込めて朝食をつくった。
 
久しぶりに土鍋で飯を炊く。
そしてみそ汁と適度なタンパク質。
 
私にできることはこれくらい。
 
がんばれパパ。
脳ミソが活発に動きまくり
いつもの力がだせますやぅに!
 
私はDVDかりてきたので
息子と観る。←お気楽だな(笑)
 
アーロと少年、ゴジラ
 
ワクワクするけど
同時にパパを想い
ハラハラもするだろう。
・・・しないか。
 
できるだけ作品に集中したい。

f:id:y0m0gi:20160724070124j:image